脂肪肝の症状・原因・治療法・食事療法・改善法

脂肪肝とは?

 

最近、脂肪肝は30代から40代を中心に増加していると言われています。

 

脂肪肝とは、なんなのでしょうか?

 

脂肪肝というのは、食べ過ぎ飲みすぎによって、中性脂肪やコレステロールが肝臓に溜まってしまっている状態のことをいいます。

 

中性脂肪が皮下脂肪や内臓脂肪として蓄積されると肥満になりますが、肝臓に溜まってしまうことで脂肪肝になるというわけです。

 

健康な状態の肝臓でも脂肪を3〜5%は含んでいるのですが、5%以上になると脂肪肝と言われます。

 

食事で取った中性脂肪は、小腸で脂肪酸に分解されます。

 

そして、肝臓に送られるわけですが、中性脂肪を摂りすぎてしまうと肝臓に送られる脂肪酸が増えてしまうので、肝臓に中性脂肪が溜まりやすくなってしまうのです。

 

脂肪肝になると、動脈硬化を引き起こしやすくなり、生活習慣病のリスクを高めてしまいます。

 

また、アルコール性の脂肪肝の場合には、肝硬変に進んでしまうことも考えられます。

 

脂肪肝には自覚症状がないので、自分で気がつくことは難しくなります。

 

定期的な検診を受け、自分の肝臓の状態を知っておくことが大切になります。

 

そして、中性脂肪を摂り過ぎないようにするということも重要です。

 

低カロリーで栄養バランスが取れた食事を心がけ、適度な運動を取り入れることが、脂肪肝の予防につながるのです。