脂肪肝の症状・原因・治療法・食事療法・改善法

脂肪肝の対策

 

脂肪を分解する働きをする肝臓で分解しきれなかった脂肪が蓄積されている状態なのが脂肪肝です。

 

脂肪肝は国民の3人に1人が予備軍でもあると言われている国民病です。

 

ですから、脂肪肝対策を行い、脂肪肝にならないように予防することが必要です。

 

脂肪肝の原因の多くは、食べ過ぎや飲み過ぎです。

 

ですから、食生活を見直すことはとても大切なことです。

 

脂肪や糖分の多い食事は避け、低カロリーで高タンパクのメニューを心がけましょう。

 

夕食を遅い時間に摂ると、肝臓に負担がかかってしまうので、遅い時間の食事も控えたいですね。

 

また、アルコールの過剰摂取は脂肪肝を引き起こすので、飲み過ぎは控え、お酒を飲まない日を作るようにしましょう。

 

運動は脂肪を燃焼してくれるので、運動不足にならないようにすることも大切です。

 

脂肪を燃焼させるには有酸素運動が効果的ですが、筋肉を鍛える筋トレをすることで、脂肪を燃焼しやすい体を作ることが出来ます。

 

また、睡眠やストレスも脂肪肝の原因となっています。

 

肝臓は寝ている間に脂肪を分解するので、しっかりと睡眠を取らないと脂肪を分解することができずに蓄積されてしまいます。

 

そして、睡眠不足やストレスは体の機能を低下してしまい、脂肪を蓄えやすくなってしまうのです。

 

脂肪肝の対策は、食べ過ぎやお酒の飲み過ぎを控え、適度な運動を取り入れることです。

 

そして、ゆっくりと睡眠を取りストレスがたまらないようにすることです。

 

健康的な生活が脂肪肝の対策となるのです。