脂肪肝の症状・原因・治療法・食事療法・改善法

脂肪肝とコレステロールの関係

 

脂肪肝と言うのは、肝臓に脂肪が異常に蓄積されている状態のことを言います。

 

脂肪肝になりやすいのは、暴飲暴食をよくする人で、暴飲暴食は肥満の元になるので、脂肪肝になる人は肥満の人が多いのです。

 

アルコールの摂り過ぎ、お菓子の食べ過ぎ、コレステロールの摂り過ぎがなどが肥満の原因となり、脂肪肝を引き起こすのです。

 

脂肪肝は、国民病とも言われているほど発症する人が増加しています。

 

そして、脂肪肝は進行することで、肝硬変や動脈交換をも引き起こしてしまうのです。

 

ただの肥満だと思っていたら脂肪肝で、自覚症状がないまま悪化してしまい、肝硬変になっってしまったということもあるようですから、肥満の人は特に定期的に健康診断を受けるようにしましょう。

 

そして、肥満の人も、そうではない人も、コレステロールの摂り過ぎ、アルコールの摂り過ぎなどには気をつけたいですね。

 

また、運動を取り入れることも大切です。

 

運動をすることで脂肪が燃焼されるので、脂肪肝も予防改善ができますし、肥満も改善することができます。

 

脂肪肝を改善するには、ダイエットをすることが一番です。

 

脂肪肝に直接効く薬はないので、漢方などで脂肪燃焼効果を高めながら、食事療法、運動療法を行う必要があるようです。

 

脂肪肝になってしまうと大変なので、なってしまう前に予防することが大切です。