脂肪肝の症状・原因・治療法・食事療法・改善法

脂肪肝とストレスの関係

 

国民の3人に1人は、脂肪肝の予備軍であると言われています。

 

脂肪肝は肝臓に脂肪が溜まってしまっている状態なのですが、自覚症状がないため、放っておくと恐ろしい病気に発展してしまうこともあるので、注意が必要なのです。

 

脂肪肝は、食べ過ぎや飲み過ぎなどが原因で、脂肪が肝臓に溜まってしまうことで起こります。

 

しかし、それ以外にも原因はあるのです。

 

まずは運動不足です。

 

脂肪が燃焼されないので、肝臓にも脂肪が蓄積されやすくなります。

 

また、睡眠不足も、肝臓機能を低下させてしまうため、脂肪肝を引き起こしやすくなります。

 

そして、ストレスも、脂肪肝の原因の一つです。

 

働きすぎ、睡眠不足などでストレスを感じてしまうと、脂肪肝になりやすいようです。

 

ストレスは体の代謝機能も低下させてしまうため、脂肪が燃焼しにくくなり、脂肪が蓄積されやすくなります。

 

脂肪肝は体がストレスを乗り切るために発生するとも言われています。

 

ですから、脂肪肝を予防するためには、心も体もリラックスさせ、ストレスを解消することも大切です。

 

ゆっくりとお風呂に入ったり、ストレッチなどゆっくりと体を動かしたりと、ゆったりとする時間を取るように心がけましょう。

 

まじめな人は知らず知らずのうちにストレスを溜め込んでしまっています。

 

たまにはストレスを発散することも大切です。