脂肪肝の症状・原因・治療法・食事療法・改善法

脂肪肝と遺伝子の関係

 

最近は食事が欧米化してきたことも影響し、脂質や糖質の多いメニューが多くなっています。

 

脂肪肝の原因となるのは、脂質や糖質、アルコールの摂り過ぎですから、現代の食生活は脂肪肝になりやすいと言えるでしょう。

 

そして、脂質、糖質、アルコールの取り過ぎと言えば、肥満の原因にもなりますよね。

 

肥満の人は脂肪肝になるリスクがとても高いのです。

 

肥満というのは、食生活や生活習慣が大きく影響していますが、遺伝的なものもあると言われます。

 

ですから、脂肪肝も遺伝子と関係がないということは言いにくいでしょう。

 

しかし、先ほどもいったように、遺伝子で太りやすいという場合にも、食生活や生活習慣などを気をつけることで肥満の予防ができますし、肥満を予防できれば、脂肪肝を予防することにもつながります。

 

食事は低カロリーで高たんぱく質のメニューを摂るようにし、適度な運動を取り入れるようにしましょう。

 

運動をして筋肉が鍛えられていると代謝がよくなるので、脂肪を燃焼しやすい体になり、肥満や脂肪肝の予防にもつながります。

 

また、睡眠をしっかりと取ることや、ストレスを溜めないことなども予防法の一つです。

 

遺伝子によるものとあきらめずに、肥満や脂肪肝を予防しましょう。

 

そして、それが他の病気の予防にもつながります。