脂肪肝の症状・原因・治療法・食事療法・改善法

脂肪肝と運動の関係

 

脂肪肝は進行してしまうと肝硬変など、命に関わる病気になってしまうものなので、脂肪肝になったり、悪化したりしないように普段から気をつけておきたいものです。

 

脂肪肝は、運動を取り入れることでも予防、改善ができます。

 

脂肪肝の原因となるのは、暴飲暴食です。

 

食べ過ぎ飲み過ぎによるカロリーの摂り過ぎで、肝臓に脂肪が溜まってしまっているのです。

 

ですから、運動をして体脂肪を燃焼させることで、肝臓に蓄えられている脂肪も燃焼させることができます。

 

脂肪肝の予防改善には、食事に気をつけることも大切ですが、カロリーを気にして無理な食事制限はよくありません。

 

特に、タンパク質が不足してしまうと、脂肪を燃焼させることができなくなるので、タンパク質など栄養バランスを気をつけた食事を心がけましょう。

 

脂肪肝を改善させるためには、少し運動しただけでは効果が見込めません。

 

長期間じっくりと行うことが大切です。

 

ですから、普段運動をしていない人が初めからハードな運動を取り入れてしまうと長続きしません。

 

長く続けるためには、無理なく行える運動を取り入れることが大切です。

 

1種類の運動だと飽きてしまうことも考えられるので、ウォーキングや自転車、ヨガ、筋トレなど、その時によって色々な運動を取り入れるのもオススメです。

 

通勤を自転車や徒歩にしてみたり、エレベーターを階段に変えるという、少しのことでも続けることで効果が出てくるでしょう。

 

体を動かす癖をつけることで、脂肪を溜め込まない体を作ることもできます。