脂肪肝の症状・原因・治療法・食事療法・改善法

脂肪肝のメカニズム

 

肝臓というのは、食べ物から取り入れられる脂肪や、体の脂肪組織から運ばれてくる脂肪、肝臓自体が作り出す脂肪というように脂肪にまみれて働いています。

 

正しく働いていればいいのですが、食べ過ぎたり、肝臓の働きが悪くなっていたり、病気になっていたりすると、脂肪を処理する力がなくなり、脂肪肝になってしまうのです。

 

暴飲暴食を頻繁にしていると、1ヶ月から3ヶ月程度で、脂肪肝になってしまうと言われています。

 

自分は大丈夫と安心は出来ないのです。

 

脂肪肝にならないためには、脂肪を少なくすればいいと思ってしまうかもしれませんが、糖質やアルコールも脂肪肝の元になってしまいます。

 

肝臓の働きが悪くなってしまうことで、脂肪肝になりやすくなっていくので、食べ過ぎや飲み過ぎは禁物です。

 

また、無理な食事制限でのダイエットというのも、脂肪肝を引き起こしやすくしているようです。

 

中性脂肪を血液中に流れ出させるためには、タンパク質が必要となり、そのタンパク質が不足すると、中性脂肪がそのまま肝臓に溜まってしまいます。

 

肝臓の処理能力は、人によって違います。

 

疲労が溜まっているなどの体調によっても違ってくるので、体に無理がかかるような食べ方や飲み方は控えるようにしましょう。

 

脂肪肝が進行してしまうと、肝硬変となり、命を落としてしまうことも考えられるので、注意しましょう。