脂肪肝の症状・原因・治療法・食事療法・改善法

脂肪肝と肝機能検査

 

肝機能検査は、血液検査によって行われます。

 

よく知られているのは、GOT、GPT、γGTPという3つの酵素でしょうか。

 

GOTは、グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼのことです。

 

GPTは、グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼのことで、どちらも肝細胞内にある酵素です。

 

これら2つの酵素が血液中に増えることで肝細胞が破壊され、脂肪肝、肝硬変、肝炎などになるのです。

 

ただ、GOT、GPTは肝臓だけに存在しているわけではないので、心筋梗塞などが原因でも上昇するのです。

 

γGTPは、γグルタールトランスペプチダーゼといい、これも肝臓に存在する酵素です。

 

γGTPは、アルコールに敏感に反応するので、アルコール性脂肪肝の人は、数値が高くなるようです。

 

その他にも、ALP(アルカリフォスファターゼ)という酵素の数値が高くなることでも脂肪肝の疑いがあるのですが、ALPは体のあちこちにある酵素なので、GOT、GPTなどと合わせて検査結果を判断することが大切です。

 

その他には、色々な肝機能検査がありますが、様々な項目を合わせて診断をすることが大切になります。

 

脂肪肝は、食べ過ぎや飲み過ぎによって肝臓に脂肪が蓄積されている状態です。

 

脂肪肝を放っておくと、肝硬変や肝臓がんなどに進行してしまうことがあるので、定期的に検査をすることをオススメします。