脂肪肝の症状・原因・治療法・食事療法・改善法

脂肪肝と食事の関係

 

肝臓に脂肪が蓄積されている状態を脂肪肝と言います。

 

脂肪肝になる大きな原因の一つに、暴飲暴食があります。

 

食べ過ぎやお酒の飲み過ぎは脂肪肝の元なのです。

 

しかし、脂肪肝になっても自覚症状はほとんどありません。

 

脂肪肝が進行すると肝硬変など命に関わる病気になってしまうこともあるので、定期的な検診がオススメです。

 

脂肪肝の予防や改善のためには、食事に気をつける必要があります。

 

脂肪肝の原因の多くが食べ過ぎ飲み過ぎなので、それを改善することが大切です。

 

食生活を改善するには、自分がどれくらい食べているかということを知る必要があります。

 

そのためには、一時期流行したレコーディングダイエットがお勧めです。

 

レコーディングダイエットとは、食べたものをすべてメモするというものです。

 

メモに書き出してみると、食べているものを客観的に見ることができるので、自分が意外とたくさん食べていることに気がつきます。

 

そして、自分がどれだけ食べているかを把握したら、栄養バランスに気をつけたヘルシーな食事に変えていきましょう。

 

脂肪肝を予防、改善するためには高カロリーの食事を控えたり、お酒を控えることが大切です。

 

ただ、過度の食事制限をすることで肝機能が低下し、脂肪肝になってしまうことも考えられるので、ただ低カロリーなだけではなく、栄養バランスを考えた食事をすることが必要です。