脂肪肝の症状・原因・治療法・食事療法・改善法

脂肪肝と中性脂肪の関係

 

脂肪肝は肝臓に中性脂肪が蓄積されてしまっている状態のことを言います。

 

ですから、中性脂肪値が高い人は、脂肪肝になりやすいと言えるでしょう。

 

中性脂肪は、食べ過ぎや飲み過ぎが原因です。

 

また、運動不足だと筋肉が衰えてしまい、脂肪が燃焼されにくい体になってしまい、あまり食べていなくても、中性脂肪が溜まりやすくなってしまうのです。

 

アルコールの飲み過ぎも中性脂肪の元となりますので、中性脂肪値が高い人は、アルコールを減らすようにしてみるといいようです。

 

また、タンパク質が不足することでも脂肪肝になりやすくなります。

 

タンパク質は筋肉を作るもとであり、筋肉は脂肪燃焼に必要なものです。

 

タンパク質が不足して、筋肉が作られずに衰えていくと、脂肪燃焼効果も低くなってしまうので、摂取した脂肪を燃焼しにくくなってしまうのです。

 

ですから、中性脂肪が溜まりやすくなり、脂肪肝になってしまうというわけです。

 

最近は無理なダイエットで、食事制限をする人がいますが、必要な栄養素をしっかりと摂らないと、体に悪影響が出てしまいます。

 

中性脂肪も、体温を保ったり、内臓を衝撃から守ったりと、大切な働きもあるのです。

 

食事は栄養バランスを考えて摂るようにし、低カロリーにすることを心がけましょう。

 

そして、適度に運動を取り入れることも大切です。