脂肪肝の症状・原因・治療法・食事療法・改善法

脂肪肝と肥満度の関係

 

脂肪肝というのは、脂肪が肝臓に蓄積されていることを言います。

 

肝臓というのは脂肪を分解してくれる部分なのですが、そこに脂肪が溜まってしまっているのは困ってしまいますね。

 

脂肪肝の原因で大きなものは、食べ過ぎや飲み過ぎです。

 

脂肪分や糖質などを摂り過ぎることで、脂肪が消費しきれずに肝臓に溜まってしまっているのです。

 

原因を見てみると、肥満の原因と同じですよね。

 

肥満も食べ過ぎ飲みすぎによるカロリーの摂り過ぎが原因となるのです。

 

脂肪肝と肥満度の関係を見てみると、肥満傾向が高まるにしたがって、脂肪肝になる人も増加しているのですから、肥満度が高ければ高いほど脂肪肝になりやすいと言えます。

 

脂肪肝の治療法は、ダイエットをすることです。

 

食事を低カロリーにしたり、アルコールを控えたり、運動を取り入れて、脂肪を燃焼させるのも、脂肪肝の治療の一つです。

 

ダイエットをする時にも、低カロリーの食事と適度な運動が進められています。

 

脂肪肝を改善したいと思ったら、肥満を解消する方法を取り入れればいいのです。

 

ただ、過度のダイエットが原因で肝臓に負担をかけてしまい、脂肪肝になってしまうこともあるようです。

 

ダイエットをするといっても、無理な食事制限はやめましょう。

 

脂肪肝の改善にオススメなのは、低脂肪で高たんぱくのメニューです。

 

毎日の食生活や生活習慣を見直し、肥満、脂肪肝を予防しましょう。