脂肪肝の症状・原因・治療法・食事療法・改善法

脂肪肝と肝炎の関係

 

脂肪肝は肝臓に脂肪が蓄積している状態のことを言います。

 

自覚症状がほとんどないので、病院で定期的に検査を受ける必要がありますが、肥満の人は脂肪肝になりやすいので注意しましょう。

 

脂肪肝は肝臓の病気の中では軽いほうですが、そのままの生活を続けていると、進行して肝炎を引き起こしてしまうことがあります。

 

肝炎になると肝細胞が壊されて炎症が起こるので、全身のだるさや吐き気などの症状があるようです。

 

肝炎の原因がアルコールの摂り過ぎや食べ過ぎが原因なら、禁酒や、食事療法で改善することができます。

 

アルコールを飲んでいないのに発症してしまう肝炎もあるので、症状に合った改善方法を取り入れることが大切です。

 

肝炎もそのままにしておくと、肝硬変や肝臓がんの原因となってしまいます。

 

悪化させないうちにしっかりと改善することが大切です。

 

ただ、元をたどれば、食べ過ぎや飲み過ぎが原因です。

 

ですから、食生活を改善し、運動を取り入れて脂肪を燃焼しやすくしたり、生活習慣を整えることが、脂肪肝や肝炎の予防になります。

 

病気を発症してからでは、治療が大変になります。

 

脂肪肝や肝炎にならないように、生活習慣を見直してみましょう。

 

また、定期的な健康診断を受けることも早期発見の大切なポイントです。