脂肪肝の症状・原因・治療法・食事療法・改善法

脂肪肝と肝臓ガンの関係

 

脂肪肝というのは、脂質や糖質などの食べ過ぎやアルコールの摂り過ぎによって、肝臓で脂肪を処理しきれなくなってしまい、そのままどんどん蓄積されてしまっている状態を言います。

 

自覚症状がなく、肝臓病の中でも比較的軽い病気ではありますが、そのまま暴飲暴食を続けてしまうと、肝炎や肝硬変、肝臓がんを引き起こしてしまうことがあるようです。

 

肝臓は沈黙の臓器とも言われていて、肝臓がんになっても、ほとんど自覚症状がないようです。

 

しかし、そのままにしておくと他の部分に転移してしまうことが考えられるので、早期発見が大切になります。

 

肝臓がんを早期発見するために、定期的な検査を受けるようにしましょう。

 

肝臓がんになると、ステージにもよりますが、手術が必要となってきます。

 

肝臓がんは、進行してしまうことで、命を落としてしまう恐ろしい病気です。

 

肝臓がんは、脂肪肝が悪化することによって起こることが多いので、まずは脂肪肝を予防することが大切です。

 

脂肪肝を予防するには、バランスの取れた低カロリーの食事を心がけ、アルコールは控えめにし、運動を取り入れて脂肪を燃焼することが大切です。

 

脂肪肝の予防が、肝臓がんの予防になるのです。

 

脂肪肝と診断されても、早めに治療を行えば改善ができます。

 

肝臓がんを防ぐためには、まずは予防をし、定期的な検査を受けるようにしましょう。