脂肪肝の症状・原因・治療法・食事療法・改善法

脂肪肝と月経異常の関係

 

脂肪肝は、肝臓に脂肪がたまってしまっている状態です。

 

脂肪肝の原因は、食べ過ぎや飲み過ぎが多く、それは肥満にもつながります。

 

体の中性脂肪が多くなってしまうと、ホルモンバランスが乱れて、生理周期が乱れたり、生理が止まったりして月経異常が起きてしまうことがあります。

 

ですから、食べ過ぎや飲み過ぎというのは、体に負担をかけてしまうので

 

脂肪肝と月経異常を一緒に発症することも多く、そうなると、やはり治療の中心になるのは、食事療法や運動療法です。

 

薬を取り入れる方法もありますが、治療薬とホルモン剤を一緒に摂取すると、脂肪肝が悪化してしまうケースもあるようなので、食事に気をつけ、運動を取り入れて脂肪肝を改善することが大切です。

 

脂肪肝が改善されると、中性脂肪値も下がってくると思うので、そうすることで月経異常も改善されるでしょう。

 

そして、脂肪肝が改善されると、月経の治療のための薬も副作用を気にせず飲めるようになるようです。

 

脂肪肝は自覚症状がない病気ですが、肥満の人に多い症状です。

 

そして、月経異常の症状も、太りすぎや痩せ過ぎなどになり、ホルモンバランスが悪くなってしまうと起こります。

 

肥満傾向にあるなと感じた時には、脂肪肝の予防、月経不順の予防のためにも、食事や生活習慣などに気をつけましょう。

 

毎日少しでも運動を取り入れることが大切です。