脂肪肝の症状・原因・治療法・食事療法・改善法

脂肪肝と高血圧の関係

 

生活習慣病の一つでもある高血圧は、食べ過ぎやアルコールの摂り過ぎ、運動不足、喫煙などが原因となり起こります。

 

高血圧と言うのは、血液の圧力が常に高い状態のことを言います。

 

高血圧が悪化してしまうと、動脈硬化など、恐ろしい病気の原因ともなってしまうのです。

 

食べ過ぎや飲み過ぎが原因で起こる病気には、脂肪肝もあります。

 

脂肪肝は、肝臓に脂肪が蓄積されている状態です。

 

どちらも自覚症状がほとんどないので、病院で定期的に検診を受けることが早期発見につながるのです。

 

だるさや疲れやすくなるという症状はあるようですが、脂肪肝や高血圧だけに出る症状ではないので、そのまま放置しがちなのです。

 

脂肪肝も高血圧も、食事や運動不足などが原因となっているので、それを改善することが予防法になります。

 

脂肪肝や高血圧と診断されても、基本的な治療は、食事療法や運動療法となります。

 

どちらも、そのままの状態ならそれほど問題はないのですが、悪化してしまうことで、命に関わる恐ろしい病気に進行してしまうことがあります。

 

そうなってしまってからでは取り返しがつかなくなってしまうので、普段から脂肪肝や高血圧にならないように予防をしておきましょう。

 

肥満の人はどちらも発症しやすいので、より注意が必要です。

 

予防をするのと一緒に、定期的に検査を受けることも忘れないようにしましょう。