脂肪肝の症状・原因・治療法・食事療法・改善法

脂肪肝と骨粗鬆症の関係

 

脂肪肝と言えば、脂肪や糖質の摂り過ぎと言うイメージが強いのですが、原因はそれだけではありません。

 

栄養バランスが悪くなることで、脂肪肝を引き起こしてしまうこともあるのです。

 

タンパク質が不足してしまう状態が続くと、肝臓の働きが悪くなり、脂肪を処理できず肝臓に脂肪が溜まってしまうのです。

 

無理なダイエットをする人も多くなっていますが、栄養バランスを考えないと、体に悪影響を及ぼしてしまうのです。

 

痩せているから脂肪肝にはならないというわけではありません。

 

その他にも、喫煙、ストレス、アルコールの摂り過ぎ、運動不足なども原因となります。

 

栄養バランスや喫煙、ストレス、アルコールの摂り過ぎ、運動不足などが原因となる症状には、骨粗鬆症があります。

 

骨粗鬆症の場合には、不足している栄養素は、カルシウムやカルシウムを定着させるコラーゲンです。

 

栄養バランスをしっかりと考えた食事をしていないと、体に色々な異常が出てきてしまうので注意しましょう。

 

改善方法は、しっかりと栄養を摂ることです。

 

脂質や糖質を摂り過ぎると、脂肪が溜まりやすくなってしまうので、低脂肪で高たんぱくの食事を心がけましょう。

 

カルシウムも積極的に取り入れましょう。

 

それから運動も適度に取り入れましょう。

 

そして、生活習慣を見直すことも大切です。

 

脂肪肝も骨粗鬆症も自覚症状がないので、毎日の生活に気をつけ、定期的な検診を受けるようにしましょう。