脂肪肝の症状・原因・治療法・食事療法・改善法

脂肪肝と心筋梗塞の関係

 

心筋梗塞は、日本人の死亡原因でも上位にある病気です。

 

心筋梗塞というのは、血管が詰まり、心臓に酸素や栄養が行き渡らなくなってしまった状態をいいます。

 

心筋梗塞は急に症状が現れることが多く、場合によっては突然命を落としてしまうこともある恐ろしい病気です。

 

胸が締め付けられるような痛みがある時には、心筋梗塞の可能性があるので、気をつけましょう。

 

心筋梗塞の原因となるのが、悪玉コレステロールです。

 

悪玉コレステロールが増加してしまうと、血液がドロドロになり、血管が詰まりやすくなってしまうのです。

 

悪玉コレステロールが増える原因は肥満です。

 

ですから、暴飲暴食が心筋梗塞につながるのです。

 

暴飲暴食が原因で引き起こす病気というと、脂肪肝もあります。

 

脂肪肝は、暴飲暴食によって肝臓が脂肪を処理しきれずに蓄積してしまった状態です。

 

暴飲暴食やアルコールの摂り過ぎを防ぐことは、脂肪肝の予防だけではなく、心筋梗塞などの色々な病気の予防にもつながります。

 

脂肪肝は自覚症状がほとんどないので、気をつけなければなりません。

 

脂肪肝になったら、基本的には食事療法や運動療法が取り入れられます。

 

しかし、心筋梗塞になると、カテーテル治療や、集中治療室などでの24時間体制の治療が行われるのです。

 

そうなると大変ですから、病気になる前の予防が大切ということになります。

 

バランスの取れた食事と運動、正しい生活習慣で、病気を予防しましょう。