脂肪肝の症状・原因・治療法・食事療法・改善法

脂肪肝と痛風の関係

 

ぜいたく病とも言われる痛風は、食べ過ぎや飲み過ぎなど、食生活の影響が大きく、脂肪肝とも関係があるのです。

 

体に脂肪が増えると、肝臓が脂肪を処理しきれなくなってしまい、肝臓に脂肪が蓄積されてしまいます。

 

その状態を脂肪肝といいます。

 

脂肪肝になっても自覚症状がないため、気がつかず暴飲暴食を続けることで、色々な病気を引き起こしてしまいます。

 

その一つが、痛風です。

 

痛風は、足の指や付け根に激痛が出るという病気です。

 

ピーク時には動けないほどの痛みを伴うので、とてもつらいですね。

 

痛風の原因は、尿酸値にあります。

 

暴飲暴食やアルコールの過剰摂取により、尿酸値が高くなってしまい、痛風を引き起こしてしてしまいます。

 

暴飲暴食やアルコールの過剰摂取は、肥満のもととなり、脂肪肝の原因にもなってしまいます。

 

痛風になってしまうと、食事制限や運動療法、禁酒をしなくてはいけなくなりますが、脂肪肝の治療法も同じです。

 

しかし、病気になってしまうと治療をするのが大変なので、脂肪肝や痛風にならないように予防をすることが大切です。

 

また、ストレスや睡眠不足も脂肪肝や痛風の原因になっているので、毎日の食事や生活習慣に気をつけ、脂肪を溜め込まないようにしましょう。

 

痛風は中年の男性に多いイメージがありますが、最近は女性や若い人にも増加しているので、気をつけるようにしましょう。