脂肪肝の症状・原因・治療法・食事療法・改善法

脂肪肝と糖尿病の関係

 

インスリン分泌異常の遺伝によっても糖尿病になりますが、糖分やアルコールの過剰摂取が続くことでも糖尿病になってしまいます。

 

そして、それだけではなく、脂肪肝をも引き起こしてしまうのです。

 

食べ過ぎ飲み過ぎが続くことで、インスリンがどんどん分泌され、糖が肝臓に取り込まれます。

 

そして、肝臓に取り込まれている糖は、インスリンの働きで脂肪に変えられるので、肝臓にどんどん脂肪が溜まり、脂肪肝を引き起こしてしまいます。

 

脂肪肝になると、肝臓は糖質を取り込めなくなってしまっているので、インスリンが過剰に分泌され、インスリンを分泌する膵臓が疲れて対応できなくなるのです。

 

そして、糖尿病を引き起こします。

 

脂肪肝も糖尿病も自覚症状はほとんどありません。

 

ですから、気が付いた時には、症状が進行してしまっていることもあるのです。

 

糖尿病になると、インスリン注射や薬物治療などを行わなくてはいけないので、体に多くの負担がかかります。

 

ですから、脂肪肝や糖尿病を防ぐために、食べ過ぎや飲み過ぎをしないようにしましょう。

 

そして、運動を取り入れたり、生活習慣を整ええることも大切です。

 

これは脂肪肝の治療法として行われています。

 

脂肪肝の特効薬はありません。

 

毎日の生活を見直すことが、脂肪肝の予防となるのです。