脂肪肝の症状・原因・治療法・食事療法・改善法

脂肪肝と動脈硬化の関係

 

肝臓に脂肪が溜まってしまっている状態の脂肪肝になってしまうと、色々な病気を引き起こす原因となってしまうようです。

 

例えば、動脈硬化です。

 

動脈硬化は、血液中の脂肪が血管の内壁に沈着してしまっている状態です。

 

血管は全身に酸素や栄養を送る働きをしているのですが、動脈硬化によって流れが悪くなってしまうと、色々な病気の原因となってしまいます。

 

例えば、脳梗塞や心筋梗塞です。

 

動脈硬化の原因となるのは、善玉コレステロールの不足です。

 

善玉コレステロールが減り、悪玉コレステロールが増えると、血液がドロドロになってしまい、血管に付着しやすくなってしまうのです。

 

悪玉コレステロールは、中性脂肪が多い肥満の人が増えやすいのですが、肥満の人というのは脂肪肝になりやすいのです。

 

ですから、どちらの症状を引き起こさないためにも、ダイエットをすることは大切です。

 

食べ過ぎ飲み過ぎを予防して、脂肪肝や動脈硬化を引き起こさないようにしましょう。

 

動脈硬化は、手足がしびれる、めまいがする、足が冷えやすくなるなどの症状があります。

 

脂肪肝も動脈硬化も、食事療法や運動療法などが治療の基本です。

 

しかし、動脈硬化となると、薬物療法を取り入れなくてはならないこともあります。

 

脂肪肝は命に関わる恐ろしい病気を引き起こしてしまう原因となってしまうので、予防をすることはとても大切です。