脂肪肝の症状・原因・治療法・食事療法・改善法

脂肪肝と妊娠障害の関係

 

肥満の人は、脂肪肝になりやすいと言われています。

 

肥満というのは、内臓脂肪や皮下脂肪が溜まってしまっている状態なので、ホルモンバランスを乱してしまう元になります。

 

ホルモンバランスが乱れてしまうと、女性の場合には月経不順になったり、月経が止まってしまうこともあります。

 

そうすると、妊娠のタイミングが合わずに、妊娠がしにくくなってしまい、妊娠障害を引き起こしてしまうのです。

 

ホルモンバランスを乱さないためには、肥満を防ぐことです。

 

そのためには、栄養バランスに気をつけた食事をしたり、運動を取り入れるなどして、代謝をアップさせることが大切です。

 

脂肪肝も、妊娠障害も、自覚症状がないので、症状が悪化する前に予防をすることが大切です。

 

妊娠障害になると、ホルモン剤などを使いホルモンバランスを整える治療を行うことがありますが、ホルモン剤を使うことで、脂肪肝を悪化させてしまうこともあるので、医師としっかりと相談して治療をする必要があります。

 

また、脂肪が少なすぎてもホルモンバランスを引き起こしてしまいます。

 

暴飲暴食をしていなくても、タンパク質が不足した状態が続くと、脂肪肝になりやすくなってしまいます。

 

最近はダイエットをする人も多いのですが、無理な食事制限などは栄養バランスが悪く、体に負担がかかってしまいます。

 

食事は低カロリーで、高たんぱくを心がけ、運動を取り入れたり、生活習慣を整えるなどして、脂肪肝や妊娠障害、そして他の病気も予防しましょう。