脂肪肝の症状・原因・治療法・食事療法・改善法

きのこ類を食べる

 

食べ過ぎや飲み過ぎが大きな原因となる脂肪肝を改善するには、薬などよりも食事改善や運動を取り入れることが勧められます。

 

中でも、食事を見直すのは、とても効果的なことのようです。

 

脂っこいものや甘いものばかり食べていると、肝臓にも脂肪が溜まり、脂肪肝を引き起こしてしまうのです。

 

脂肪肝を改善するには、低カロリーの食事を心がけることが大切です。

 

低カロリーというと、色々な食材がありますが、きのこ類も低カロリーの食材の一つです。

 

低カロリーなだけではなく、食物繊維も豊富なので、老廃物を排出しやすくしてくれたり、便秘の改善などにも効果的です。

 

また、きのこにはキノコキトサンという成分が含まれていて、最近、効果的な抽出方法が発見されたことでも注目されています。

 

キノコキトサンは、かに等に含まれているキトサンとは違いアレルギーの心配がありません。

 

また、溜まった脂肪を燃焼してくれるだけではなく、脂肪が吸収されないように腸内をコーティングしてくれる効果などがあるので、肥満予防や改善にも効果的です。

 

肥満予防や改善に効果的ということは、脂肪肝にも効果的ということになります。

 

きのこは、しいたけやえのきだけ、しめじ、まいたけ、なめこ、エリンギなど、色々な種類があります。

 

値段も安くて調理方法もたくさんありますし、毎日の食事に取り入れたいですね。