脂肪肝の症状・原因・治療法・食事療法・改善法

魚介類を食べる

 

最近は、お魚よりもお肉を多く食べる食生活になっていますが、魚介類は、カロリーが低めで、良質なタンパク質を摂ることができる食材です。

 

お肉には脂質が多くありますが、白身魚などは脂質がほとんどなく、とてもヘルシーです。

 

また、青魚に多く含まれるDHAや、EPAは不飽和脂肪酸と言い、余分なコレステロールを排出してくれる効果や、血液をサラサラにしてくれる効果があるので、ダイエットをしている人に注目されています。

 

肥満の人は脂肪肝になりやすいので、魚介類を食べることは、脂肪肝の改善にも効果があると言えるでしょう。

 

毎日お肉ばかり食べていないで、1週間に最低でも2回くらいは、魚の日を作るようにしましょう。

 

DHAや、EPAが多く含まれるのは、さば、いわし、さんま、ぶりなどがありますが、毎日食べるのは大変なので、サプリメントなどで取り入れる方法もあります。

 

普段から魚を食べるのを習慣にしていると、肥満の予防にもなります。

 

お肉などに含まれる動物性タンパク質は、コレステロールを上昇させてしまうので、脂肪肝の人は、お魚を多めに食べるといいようです。

 

最近は海外セレブの間でも和食が注目されています。

 

お魚のメニューが多い和食を毎日の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。