脂肪肝の症状・原因・治療法・食事療法・改善法

豆類を食べる

 

脂肪肝の原因は、食べ過ぎ飲み過ぎです。

 

しかし、それだけではなく、タンパク質が不足し続けてしまうことで、肝臓の働きが悪くなり、肝臓に脂肪が溜まってしまう脂肪肝になってしまうこともあるようです。

 

ですから、脂肪肝や肥満を改善しようと、栄養バランスの悪い無理な食事制限を続けることは、体の機能を悪くしてしまい、脂肪肝の元になったり、他の病気を引き起こしてしまうこともあります。

 

脂肪肝を改善するためには、低カロリーで高たんぱくの食事を心がけることが大切です。

 

タンパク質というと、お肉やお魚のイメージがありますが、豆類にもタンパク質が豊富に含まれています。

 

その他にも、食物繊維が多く含まれていたりします。

 

豆類は低カロリーなので、ダイエットにはぴったりの食材です。

 

豆類の中のえんどう豆には、コリンという成分が含まれています。

 

コリンには、肝機能を高めてくれる効果があるそうです。

 

肝機能が高まれば、肝臓に蓄積されている脂肪も分解されるので、脂肪肝に効果的と言えるでしょう。

 

この他にも、マメには色々な成分が含まれているので、脂肪肝の改善にマメを取り入れてみるといいでしょう。

 

脂肪肝には自覚症状がなく、気が付いた時には他の病気を引き起こしてしまっていることも考えられるので、脂肪肝になる前から予防することが大切になります。