脂肪肝の症状・原因・治療法・食事療法・改善法

動物性脂肪を減らす

 

脂肪肝を予防、改善するためには、低カロリーで低脂肪の食事が良いと言われています。

 

ただ、脂肪は、動物性脂肪と植物性脂肪の2種類に分けることができ、動物性脂肪の方を摂り過ぎないようにすることが勧められています。

 

動物性脂肪は、名前からもわかるように、お肉などに含まれる脂肪です。

 

お肉などの動物性脂肪は中性脂肪の元でもあり、脂肪肝や肥満の原因となってしまいます。

 

ですから、できるだけ動物性脂肪を控えるようにしたいですね。

 

それに対して、植物性脂肪は、エゴマ油やくるみ、青魚などに含まれている脂肪です。

 

その中でも青魚に含まれている脂肪であるDHA(ドコサヘキサエン酸)や、EPE(エイコタペンタエン酸)などは、肝臓での中性脂肪の合成を抑えて、血液中の中性脂肪を減らす効果があるのです。

 

DHAやEPEは、体で作り出すことができない成分なので、積極的に取り入れることが勧められています。

 

動物性脂肪が多い食品は、お肉やバター、チーズ、たまごなどです。

 

単品はもちろんですが、ケーキやクッキーなどはバターをたっぷり使っているので、動物性脂肪が多いということになります。

 

さらに糖質も豊富に含まれているので、控えたい食品ですね。

 

食事に気をつけるのはもちろんなのですが、運動を取り入れたり、生活習慣を整えることも効果的な方法です。