脂肪肝の症状・原因・治療法・食事療法・改善法

低カロリーで低脂肪食にする

 

脂肪肝は、肝臓に脂肪が蓄積されている状態のことを言います。

 

脂肪肝の大きな原因は、食べ過ぎや飲み過ぎです。

 

それは肥満にもつながることなので、脂肪肝の改善にはダイエットが必要になります。

 

ダイエットをするとなると、低カロリーで低脂肪の食事を心がける必要があります。

 

脂肪肝や肥満と元となるのは、脂質や糖質です。

 

ですから、それらを控えることで、脂肪肝の予防や改善になるのです。

 

ただ、低カロリーで低脂肪なだけではなく、栄養バランスにも気をつけなくてはいけません。

 

脂肪というとお肉をイメージする人が多いと思います。

 

お肉はタンパク質がたっぷり含まれています。

 

タンパク質は、筋肉を作るために必要な栄養素です。

 

それが不足してしまうと、筋肉が衰えてしまい、代謝が悪くなってしまうので、脂肪が燃焼されにくくなってしまいます。

 

お肉の脂身は脂肪分なのですが、脂肪の少ないお肉を選べば、低脂肪でしっかりとタンパク質を摂ることができます。

 

その他にも、タンパク質はお魚や豆腐などでも摂ることができるので、低脂肪に気をつけながらも、タンパク質をしっかりと摂りましょう。

 

また、野菜やキノコ類、海藻類などは、低カロリーで低脂肪なので、積極的に摂るようにしたいですね。

 

食物繊維が豊富なので、お腹が満たされやすいですし、便通もよくなります。