脂肪肝の症状・原因・治療法・食事療法・改善法

食べ過ぎに注意して食事を腹八分目にする

 

脂肪肝を防ぐためには、肥満を予防することです。

 

脂肪肝の原因の多くが、暴飲暴食であり、それは肥満の原因でもあるからです。

 

肥満の人は、脂肪肝になりやすいと言えます。

 

一番効果的なのは、食べ過ぎないことです。

 

腹八分目を心がけることで、食べ過ぎを予防できます。

 

しかし、お腹いっぱいにならないと食べた気がしない人もいるでしょう。

 

その場合には、食事の順番に気をつけてみるといいのではないでしょうか。

 

まず初めに野菜や汁物などの低カロリーで食物繊維が多いものなどをたっぷり食べます。

 

するとお腹が満たされるので、脂質や糖質の多いメインのおかずやご飯などを食べすぎなくてすみます。

 

また、よく噛むことでも満腹中枢を刺激されるので、いつもよりも少ない量で、お腹が満たされやすくなります。

 

生野菜や歯ごたえのあるものをメニューに加えて、よく噛んでみましょう。

 

他の食べ物も、いつも噛んでいるよりも3倍ほどの回数を噛むようにしてみましょう。