脂肪肝の症状・原因・治療法・食事療法・改善法

栄養バランスの取れた食事をする

 

脂肪肝の原因の多くは、暴飲暴食です。

 

最近は、食事が欧米化し、脂質や糖質の多いメニューが増えているので、中性脂肪が増えやすくなっています。

 

脂肪肝を予防、改善するためには、食事に気をつけることが大切になります。

 

その時に気をつけたいのが栄養バランスです。

 

ダイエットをするとなると、極端な食事制限をする人がいます。

 

食事制限をすると栄養が不足してしまうので、体に負担がかかってしまうのです。

 

ダイエットをしていると脂質を摂らないようにと、お肉やお魚を食べないようにする人もいるようですが、それは、脂肪肝を引き起こす原因ともなってしまうのです。

 

お魚やお肉には、タンパク質が含まれています。

 

タンパク質というのは筋肉を作る元となる栄養素なので、タンパク質が不足してしまうと、筋肉が作られなくなってしまうので、体の代謝が悪くなり、脂肪が燃焼されにくくなります。

 

また、肝臓の働きも悪くなってしまうので、脂肪が肝臓に蓄積しやすくなってしまうのです。

 

食物繊維が不足してしまうと便通が悪くなってしまったり、栄養バランスが乱れてしまうと、体に色々な不具合が出てしまいます。

 

脂肪肝を改善するためには、栄養バランスの取れた低カロリー、高たんぱくの食事が勧められています。

 

お肉でも鳥のささみや胸肉など脂質が少ないお肉を選べば安心して食べられますし、お魚も白身魚なら安心です。