脂肪肝の症状・原因・治療法・食事療法・改善法

お菓子やジュースを控える

 

脂肪肝を改善、予防するには、食事法を改善することが大切です。

 

自分の食生活を見直して、改善できるところがないのか考えてみましょう。

 

脂肪肝の原因となるのは、脂質や糖質です。

 

脂質や糖質が多い食品というのは色々ありますが、お菓子やジュース類は、脂質や糖質がとても多いものです。

 

例えば、クッキーやケーキなどは、砂糖がたっぷり入っているだけではなく、バターなどの脂質も使われています。

 

そして、ポテトチップスなどのスナック菓子は、あげて作られるので、脂質をたっぷりと吸い込んでいます。

 

ジュースにも思ったよりもたっぷりの砂糖が含まれているので、注意が必要です。

 

少しお腹が空いたらついついお菓子を食べてしまう人もいると思いますが、そんな人は、お菓子を買っておかないことです。

 

食べれるい状態にないと、食べる機会は減ります。

 

そして、もしどうしても食べたいというのなら、低カロリーのゼリーなど、ダイエット用のお菓子を取り入れてみるといいのではないでしょうか。

 

ジュースも同じです。

 

のどが渇いたら、お茶や水など、カロリーオフのものを選んで飲むようにしましょう。

 

また、お茶には、烏龍茶や緑茶など、脂肪を溜め込まないようにしてくれるものなどもあるので、食事の時に取り入れてみるといいかもしれません。

 

コーヒーには脂肪燃焼効果を高めてくれる効果があるので、運動前などに飲むと効果的のようです。