脂肪肝の症状・原因・治療法・食事療法・改善法

脂肪肝とDHAの関係

 

普段から、魚を食べていますか?

 

お肉ばかり食べていて、魚を食べたのはいつだろうと考えてしまう人も少なくないのではないでしょうか。

 

DHAは、ぶりやサンマ、いわしなど、青魚に多く含まれる成分です。

 

不飽和脂肪酸であるDHAは、ドコサヘキサエン酸と言い、頭が良くなる栄養素として注目を集めましたよね。

 

そのDHAが、脂肪肝にも効果があるのです。

 

DHAには、血液中のコレステロール値や中性脂肪値を下げてくれる働きがあるのです。

 

ですから、肝臓に脂肪が溜まるのも防いでくれるというわけです。

 

血液中の脂肪などが少なくなるので、血液がサラサラになり、血流が良くなるということは、代謝も良くなるので、脂肪が燃焼しやすくなる効果も考えられます。

 

血液がサラサラになると、脂肪肝が改善されやすくなるだけではなく、高血圧や動脈硬化なども予防することにつながります。

 

そして、それは心筋梗塞や脳梗塞の予防にもなるのです。

 

最近は魚を食べるという機会が少なくなってきているようです。

 

毎日魚を食べるわけにはいかないかもしれませんが、週に2回か3回は魚の日というのを作ってみるといいでしょう。

 

自分で魚を焼くのが面倒という人は、定食でもいいですし、最近はコンビニでも焼き魚などが手軽に購入できます。

 

マグロやぶりのお刺身などでもいいですね。

 

ヘルシーな魚を食べて脂肪肝を予防、改善してみましょう。