脂肪肝の症状・原因・治療法・食事療法・改善法

脂肪肝とEPAの関係

 

脂肪肝を予防改善するには、動物性タンパク質を控えることが勧められています。

 

ただ、同じ動物性タンパク質でも、お肉と魚では違いがあります。

 

お肉は飽和脂肪酸が多く含まれていて、体に脂肪が溜まりやすいのですが、お魚に含まれる不飽和脂肪酸は、コレステロールなどと一緒に体の外に排出されるのです。

 

ですから、魚は余分なコレステロールや中性脂肪などを減らしてくれるので、血液がサラサラになるのです。

 

その血液をサラサラにしてくれる不飽和脂肪酸をEPAと言います。

 

もう一つの不飽和脂肪酸にDHAがありますが、DHAよりもEPAの方が中性脂肪を減らす効果が高いと言われています。

 

中性脂肪が少なくなるということですから、その分肝臓に脂肪が溜まりにくくなりますし、血液がサラサラになることで血流が良くなり代謝もアップするので、脂肪燃焼効果がアップする効果も期待できます。

 

血液がサラサラになると脂肪肝だけではなく、高血圧や動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞などの予防にもつながるのです。

 

EPAは、DHAと同じで、ぶりやサンマ、まぐろ、いわしなどの青魚に多く含まれています。

 

お肉ばかりではなく、魚も積極的に食べて、脂肪肝を予防しましょう。

 

調理が面倒という人は、お刺身などでも手軽に取り入れることができます。

 

週に2〜3回は、お魚の日を作りましょう。