脂肪肝の症状・原因・治療法・食事療法・改善法

脂肪肝とアルギニンの関係

 

アルギニンという成分は、脂肪肝に効果があると言われています。

 

アルギニンは、大豆や小麦麦芽、ごま、くるみ、落花生などに含まれています。

 

野菜ではきゅうりに多く含まれています。

 

アルギニンは、準必須アミノ酸と言い、アルコール性の脂肪肝に効果があります。

 

ヨーロッパなどでは、アルギニンを使ってアルコール性脂肪酸を治療薬として使っているようです。

 

治療薬として使われているといっても、天然成分なので副作用の心配がないのも大きなメリットですね。

 

アルコール性脂肪肝の治療だけではなく、予防にも効果的なので、ついつい飲み過ぎてしまう人にもオススメの成分です。

 

また、アルギニンは免疫を高めたり、筋肉を強化するなどの効果もあるので、脂肪燃焼効果を高めてくれる働きもあるとして、最近はダイエットにも効果があるとして注目されています。

 

アルギニンは、サプリメントなどにも多く取り入れられています。

 

アルコール性脂肪肝は、アルコールの摂り過ぎによって肝臓に脂肪が沈着してしまい、肝臓の機能が正常に保たれていない状態です。

 

そのままにしておくと肝障害だけではなく、肝臓組織が炎症を起こしたり、肝臓が壊死してしまうことがある恐ろしい症状です。

 

アルギニンを積極的に取り入れて、アルコール性脂肪肝の予防改善に役立てましょう。