脂肪肝の症状・原因・治療法・食事療法・改善法

脂肪肝とウコンの関係

 

ウコンは、CMなどでもよく目にしますね。

 

ウコンというと、二日酔いの予防に効果があることでよく知られています。

 

そのため、ウコンのドリンクなども人気がありますよね。

 

そんなウコンは、脂肪肝にもよい効果があるのです。

 

ウコンにはクルクミンという抗酸化作用のある成分が含まれています。

 

そのクルクミンが胆汁の分泌を促進させてくれる働きがあり、消化を促してくれるので、脂肪を分解してくれるのです。

 

ですから、肝臓に脂肪が溜まってしまっている状態の脂肪肝に効果的なのです。

 

ただ、ウコンのドリンクは飲み過ぎてしまうと体に負担をかけてしまうため、用法用量を守って飲む必要があるようです。

 

また、体にあっているかどうかというのも気にする必要があります。

 

ウコンには、春ウコン、秋ウコン、白ウコン、紫ウコンなど、種類が色々あるのですが、その中でも秋ウコンには、副作用も報告されているので、注意しなくてはいけません。

 

体に合わないことで、アレルギー反応を起こしてしまう人もいるようです。

 

ウコンを取り入れる場合には、説明をしっかりと読み、正しい方法で取り入れましょう。

 

そして、体に少しでも異変を感じた場合には、飲むのを止め、医師に相談してみましょう。

 

ウコンは、脂肪肝に効果が期待できる成分でもありますが、デメリットもよく知ったうえで、上手に活用するようにしましょう。