脂肪肝の症状・原因・治療法・食事療法・改善法

脂肪肝とシリマリンの関係

 

シリマリンという成分はあまり聞いた事がないですよね。

 

フラボノイドの一種で、ヨーロッパでは民間薬として取り入れられている成分です。

 

何に効果があるのかというと、それは肝臓の病気です。

 

日本でも、脂肪肝だけではなく、肝硬変、慢性肝炎などの肝臓の病気の治療薬として活躍している成分です。

 

肝臓の機能を高めてくれる効果や、肝細胞が再生するのを早めてくれる働き、胆汁の分泌を促進してくれる働きなどがあるので、脂肪肝の改善に効果的です。

 

お酒の飲み過ぎはよくないですが、ついつい飲み過ぎてしまう人は、お酒を飲む前にシリマリンを取り入れるといいようです。

 

そうすることで、肝臓だけではなく、胃も守ってくれるのです。

 

シリマリンは、ミルクシスル、オオアザミ、オオヒレアザミ、マリアアザミなど、キク科のアザミ属の種子に含まれています。

 

ですから、食材から取り入れることは難しいので、取り入れるのならサプリメントなどから取り入れることになるでしょう。

 

インターネットなどでも販売されているようですが、用法用量は守って摂取するようにしましょう。

 

サプリメントの過剰摂取は、体に負担をかけてしまうので気をつけたいですね。

 

シリマリンは抗酸化作用があり、脂肪肝だけではなく、糖尿病やガン、動脈硬化、心筋梗塞などの色々な病気にも効果的と言われています。

 

健康のためにも、シリマリンを取り入れてみてはいかがでしょうか。