脂肪肝の症状・原因・治療法・食事療法・改善法

脂肪肝とタウリンの関係

 

脂肪肝というのは、肝臓に脂肪が溜まってしまっている状態のことです。

 

脂肪肝は、中高年に多いと言われていましたが、最近は、30代など若い人にも急増しているようです。

 

そんな脂肪肝を改善するために効果的な栄養素にタウリンがあります。

 

タウリンと言えば、牡蠣や、いか、たこに多く含まれている成分として知られています。

 

このタウリンには、血液サラサラ効果があり、代謝が良くなるので、ダイエットに効果的と言われています。

 

そして、肝機能を高めてくれる効果もあるそうです。

 

胆汁酸の分泌を増やして肝臓の働きを助けたり、肝細胞を再生しやすくしたり、細胞膜を安定させてくれる効果があるようです。

 

胆汁酸は、コレステロールを排出してくれる働きがあるので、血液中のコレステロールを排出してくれるのです。

 

そして、牡蠣に含まれるタウリンは、肝臓に蓄積されている中性脂肪を肝臓の外に排出してくれるので、脂肪肝に効果的です。

 

タウリンが肝臓に入ることで、肝臓の中の中性脂肪を取り除いてくれ、肝臓に溜まった脂肪を排出してくれるのです。

 

脂肪肝には、食事療法が効果的です。

 

タウリンを含んでいる牡蠣などを食事に取り入れて、脂肪肝を改善しましょう。

 

ただ、タウリンだけを摂れば良いと言うわけではありません。

 

他の栄養素もバランスよく摂ることを忘れないようにしましょう。