脂肪肝の症状・原因・治療法・食事療法・改善法

脂肪肝とメチオニンの関係

 

脂肪肝は、肝臓に脂肪が溜まってしまっている状態です。

 

その脂肪肝に効果があると言われている成分は色々ありますが、その中の一つにメチオニンがあります。

 

メチオニンは必須アミノ酸の一つで、肝臓にとって欠かすことのできない成分です。

 

メチオニンを摂ることで、肝臓の中の老廃物や毒素を体の外へ出し、代謝が良くなることで、血液中のコレステロールをコントロールできるのです。

 

血液中のコレステロールが減ると、肝臓に溜まる脂肪もコントロールできるというわけです。

 

また、肝機能の働きを正常に保ってくれる働きもあるので、アルコールの摂り過ぎにも効果的です。

 

メチオニンが不足してしまうと、肝臓の機能が衰えてしまうので、脂肪を消費しにくくなり、脂肪肝になるだけではなく、脂肪肝が進行して起こる肝硬変や動脈硬化などになってしまうリスクも高まります。

 

毎日の食事に積極的にメチオニンを取り入れたいですね。

 

メチオニンが多く含まれているのは、ほうれん草、グリンピース、枝豆、かつお、シラス、マグロ、チーズなどです。

 

色々な食事に含まれているので、取り入れやすい栄養素です。

 

ただ、効果的に取り入れるには、他の必須アミノ酸と一緒に取り入れることが大切です。

 

オススメなのは香酢です。

 

香酢は、米酢の10倍もの必須アミノ酸を取り入れることができるようです。