脂肪肝の症状・原因・治療法・食事療法・改善法

ウォーキングで脂肪肝を改善する

 

脂肪肝を改善するのには、食事療法と運動療法が取り入れられます。

 

運動療法の中でも、オススメなのは、有酸素運動です。

 

有酸素運動は、脂肪燃焼効果があるので、肥満を改善することにつながり、それが脂肪肝の改善につながるのです。

 

運動をするといっても、普段運動をしていない人が急に運動を始めるというのは、体力がついていかなかったり、ストレスになったりします。

 

ですから、やはり軽めの運動である有酸素運動がオススメです。

 

その中でも、ウォーキングは誰にでも取り入れやすい運動です。

 

歩くだけで道具も必要ないので、すぐに始めることが出来ます。

 

ウォーキングは、20分以上続けることで脂肪を燃焼させることができます。

 

それ以上短い時間だと、体の糖質をエネルギーとして使っているので、脂肪が燃焼されません。

 

歩くだけのウォーキングですが、いつ歩いても良いと言う訳ではありません。

 

食後の場合には少なくとも30分は空けてウォーキングをするといいようです。

 

また、理想的なのが食事前です。

 

ウォーキングを続けることで脂肪が燃焼するだけではなく、代謝も良くなるので、効率よく脂肪が燃焼しやすくなります。

 

脂肪が燃焼しやすくなるということは、脂肪を減らしやすい体になり、脂肪肝も改善されやすくなります。

 

ちょっと空いた時間にウォーキングを始めてみてはいかがでしょうか。