脂肪肝の症状・原因・治療法・食事療法・改善法

脂肪肝の治療薬

 

脂肪肝自体に効果がある薬というのはないと言われています。

 

脂肪肝というのは、肝臓に脂肪が蓄積している状態のことを言います。

 

脂肪が肥満状態になっているわけです。

 

ですから、脂肪を減らすことが脂肪肝の改善になるのです。

 

脂肪肝と診断されると、食事療法や運動療法を勧められるでしょう。

 

また、アルコールの過剰摂取も脂肪肝の原因となるので、その場合には、禁酒をしなくてはいけません。

 

ただ、脂肪を減らすサポートをしてくれる薬はあります。

 

漢方薬であるウコンは、脂肪を分解させてくれる効果があります。

 

また、牡蠣エキスが配合されている漢方薬も、タウリンの働きで肝臓の負担を軽くしてくれ、中性脂肪を排出しやすくしてくれるのです。

 

肝機能を高めるハイパーレシチンという薬も注目されています。

 

脂肪肝の原因の一つとして、睡眠不足という場合もあるようです。

 

その場合には、病院で睡眠導入剤が処方されることもあるようです。

 

脂肪肝を改善してくれる効果がある薬はないということなので、まずは自分の生活を見直してみることが必要です。

 

どんな病気にも言えることですが、病気になってしまうと治療をするのは大変です。

 

ですから、病気にならないように、日ごろから予防をすることが大切です。