脂肪肝の症状・原因・治療法・食事療法・改善法

急性脂肪肝と慢性脂肪肝の違い

 

脂肪肝は、大きく2つに分けることができるようです。

 

それが、急性脂肪肝と慢性脂肪肝です。

 

まず慢性脂肪肝ですが、よく知られている脂肪肝のことで、食べ過ぎや飲み過ぎが原因で起こります。

 

また、高度の飢餓状態でも起こると言われています。

 

慢性脂肪肝は自覚症状がほとんどないので、何かおかしいと感じた時には、他の病気に進行してしまっていることが多いようです。

 

脂肪肝を放っておき進行することで、肝硬変や肝臓がんなどを引き起こしやすくなると言われています。

 

それに対して急性脂肪肝ですが、急性妊娠性脂肪肝やライ病症候群などがあります。

 

原因は色々あるようですが、代謝異常であったり、一定の薬の過剰摂取が原因となることもあるようです。

 

また、ミトコンドリアの機能不全が原因であることもあり、この場合、意識障害を引き起こすことが多いようです。

 

急性脂肪肝の場合、死亡率も高いので、早急に治療が必要となります。

 

自覚症状がほとんどない慢性脂肪肝も、命に関わる病気に進行する前に改善したり、脂肪肝にならないように予防することも大切になります。

 

まずは自分の生活を見直し、脂肪肝になるような原因はできるだけ作らないようにしましょう。

 

もし、体に異常がある、脂肪肝の心配があるという時には、早めに病院を受診しましょう。

 

どんな病気の場合でも、早期発見が早期改善がつながります。