脂肪肝の症状・原因・治療法・食事療法・改善法

脂肪肝になると死にますか?

 

脂肪肝というのは、肝臓に脂肪が溜まってしまっている状態です。

 

簡単に言うと、肝臓の肥満状態です。

 

人間は肥満で死ぬことはないでしょう。

 

しかし、脂肪肝が原因となって他の病気を引き起こしてしまい、死にいたってしまうことは考えられます。

 

通常の肝臓でも、3〜5%の脂肪は存在しています。

 

肝臓の脂肪が5%を超えると脂肪肝と診断されるのであって、通常よりも少し多いだけでも脂肪肝ということになるのです。

 

脂肪肝は脂肪が肝臓に溜まっているだけの状態なので、肝臓の病気の中でも比較的軽い症状です。

 

でも、大丈夫と軽く見ていてはいけません。

 

脂肪肝をそのままにしておくことは、他の病気を引き起こすリスクを高めてしまうのです。

 

脂肪肝と診断されているのに、そのままの生活を続けていくことで、脂肪がさらに蓄積され、肝炎や肝硬変、肝臓がんなどを引き起こしてしまうことがあります。

 

また、動脈硬化も引き起こしやすく、心筋梗塞、脳梗塞などの危険性も高まります。

 

脂肪肝は食事療法や運動療法などを取り入れることで改善できますが、その他の病気にかかってしまうと、改善するのがとても大変になります。

 

ですから、まだ大丈夫と思うのではなく、脂肪肝になったら改善するようにしましょう。

 

また、脂肪肝にならないような生活を心がけることも大切です。