脂肪肝の症状・原因・治療法・食事療法・改善法

脂肪肝の種類

 

肝臓に脂肪が異常に蓄積されている状態のことを脂肪肝と言います。

 

脂肪肝の原因は、脂肪分や糖分の摂り過ぎです。

 

そして、アルコールの飲み過ぎが続くのも、脂肪肝の原因となるようです。

 

そんな脂肪肝ですが、大きく2種類に分けることができます。

 

まずは、アルコールを飲みすぎることによって起こりやすくなるアルコール性脂肪肝です。

 

もう一つは、アルコールを飲まなくてもなってしまう非アルコール性脂肪肝です。

 

脂肪肝というと、食べ過ぎや飲み過ぎが原因というイメージがありますが、非アルコール性脂肪肝は、無理なダイエットなどが原因となるようです。

 

ダイエットをすると、カロリーを減らすために食事制限をする人が多いのですが、無理な食事制限をして栄養が不足してしまうと、体の機能が正常に働かなくなり、中性脂肪がそのまま肝臓に溜まってしまい脂肪肝となってしまいます。

 

無理な食事制限のダイエットとリバウンドを繰り返すことは肝臓に負担をかけることにつながり、脂肪肝になりやすくなるだけではなく、他の病気を引き起こしてしまう可能性もあります。

 

脂肪肝にならないためには、食べ過ぎないことと思っていましたが、食事の栄養バランスを考えることも大切のようですね。

 

バランスのよい食事を取り、食べ過ぎ飲みすぎに気をつけることが脂肪肝を防ぎ、健康な肝臓を保つ秘訣のようです。