脂肪肝の症状・原因・治療法・食事療法・改善法

スタチン

 

脂肪肝と診断されたら、食事療法や運動療法などで治療が行われますが、スタチンと言われる薬を使う場合もあります。

 

スタチンというのは、HMG−CoA還元酵素阻害薬とも言います。

 

スタチンは体の中でのコレステロールの合成を止めてくれる働きがある薬です。

 

卵やバター、お肉などはコレステロールが高いと言われていますが、食べ物から摂り入れるコレステロールと言うのは少量です。

 

コレステロールの多くは、脂質や炭水化物などの余ったエネルギーを合成して作られているのです。

 

その合成をストップさせるのですから、コレステロールを減らす効果があると言えます。

 

また、悪玉コレステロールの量を減らし、善玉コレステロールを増やしてくれる働きがあるとも言われています。

 

ですから、脂肪肝の改善に効果が期待できるのです。

 

しかし、副作用が全くないとは言い切れないので、誰でも服用できる薬というわけではありません。

 

医師としっかりと相談した上で服用しましょう。

 

また、スタチンを服用したからといって、脂肪肝が改善するというものではありません。

 

スタチンを取り入れても、食生活を改善しないと効果は少なくなるでしょう。

 

薬を飲んでいるからといって、何を食べてもいいというわけではないようです。

 

脂肪肝の治療の基本は食事と運動ということを忘れないようにしましょう。