脂肪肝の症状・原因・治療法・食事療法・改善法

脂肪肝を改善できる食事レシピはありますか?

 

脂肪肝は肝臓の肥満状態のことを言います。

 

ですから、脂肪肝を改善するためには、ダイエットに効果的な低カロリーで、栄養バランスが取れた食事を心がけるといいでしょう。

 

低カロリーと言えば、野菜やキノコ類、海草類などがあります。

 

これらには食物繊維も多く含まれていて、余分な脂肪を一緒に排出してくれる効果があると言われています。

 

ですから、全部まとめて食べてしまいましょう。

 

まずは、レタスをよく洗って食べやすい大きさにちぎり、お皿にもりつけます。

 

乾燥ワカメは、お湯でもどし、水気をしっかり切り、レタスの上に乗せます。

 

お豆腐は1センチほどの角切りにし、ワカメの上に乗せましょう。

 

キノコ類は、テフロン加工などのくっつかないフライパンに油を引かずに軽く炒め、お酒を振り入れて蓋をし、蒸し焼きにします。

 

火が通ったら塩コショウで味を調え、お豆腐の上に乗せます。

 

そして、その上に、かつお節、ちぎりのりを乗せて、ゴマをお好みで振ります。

 

青じそドレッシングなど、ノンオイルのドレッシングをかけて出来上がりです。

 

お豆腐も入っているので、栄養もしっかりと摂ることができますし、低カロリーなのにボリュームたっぷりで満足できるサラダです。

 

あとは、弱った肝臓を修復してくれるシジミの味噌汁もオススメです。

 

シジミはそのままでもいいのですが、冷凍することで基礎代謝を高めるオルニチンが4〜8倍になることがわかっています。

 

冷凍したものをそのまま解凍せずに使えるので簡単ですよ。