脂肪肝の症状・原因・治療法・食事療法・改善法

脂肪肝を減らすにはどうすればいいですか?

 

肝臓に脂肪が溜まってしまっている状態である脂肪肝を減らすためには、脂肪肝の原因を突き止めることから始まります。

 

脂肪肝の原因がアルコールの摂り過ぎだった場合は、禁酒をすることです。

 

症状が軽い場合には、お酒の量を減らすことでもいいのかもしれませんが、まずは改善が第一なので、禁酒がオススメです。

 

食べ過ぎが原因だった場合は、毎日の食事を低カロリーで栄養バランスの取れたものに変えましょう。

 

外食ばかりだと高カロリーになってしまいがちなので、できるだけ自炊を心がけ、野菜中心の食事にしたいですね。

 

それが難しい人は、メニュー選びに気をつけましょう。

 

栄養バランスのことを考えると、和食の定食がオススメです。

 

また、過度な食事制限が原因で、脂肪肝になってしまうこともあります。

 

ダイエットをする時にも栄養バランスに気をつけることが大切です。

 

食事だけではなく、運動も取り入れましょう。

 

ウォーキングなどの有酸素運動は、脂肪を燃焼してくれますし、筋トレなどの無酸素運動は、筋肉を鍛えることで代謝をアップさせてくれます。

 

どちらも適度に取り入れることで、脂肪を燃焼しやすい体を手に入れることができます。

 

運動をしようと思うとなかなか続かないものなので、通勤通学の1駅を歩くとか、エレベーターやエスカレーターを使わないなど、小さな努力を続けることも大切です。